【mixiから】命にかかわる事態?結局9時間弱我慢したよ・・・(4月23日)

05-14,2006

今日は山田君(仮)が山田家(仮)の用事で遠くに行ってるので1人で留守番。

そろそろ美容院に行かねばと思っていたので、この1人で暇な日に行こうと予約をとった。

3時からになったので、ちょっと時間が空いちゃったな、お昼をマクドナルドに食べに行こうかな~と思いながらメッセ(MSNメッセンジャー)をあげて、ハトリーと話しているうちにマクドナルドに付き合ってくれることになった。

「じゃあ2時に」と約束をして、準備を始めると・・・お腹が痛くなってきた・・・。

正確に言うと胃が痛いみたい。



一昨日のこと(5月3日の記事)を覚えてますか?

朝から胃のあたりが変な感じで昼食も軽くしたのに、夜の飲み会で散々飲み食いした日。

昨日ちょっとお腹がゆるかった以外は何の不調も痛みもなく、私はちょっと調子が悪かっただけだね、と安心していたのだ。

していたのに、ここにきてこの胃の痛み・・・うーん、まだ不調みたい。

それでもまあ治まるだろう、とへらへらとハトリーと待ち合わせのマクドナルドへ。

お喋りしながら食べながら・・・胃が痛い・・・。

チクチクチクチクなんかさっきより痛い・・・。

「なんか胃が痛いんだよねえ、うう、痛い」と言う私に、ハトリーは「美容院行くのやめた方がいいんじゃあ?病院に行ったら?」と至極まともな助言をしてくれた。

後から思えば人として正しい行動はまさにそれだったような気もする。

しかし私は「まあでも最近調子悪かったし、いずれ治まるでしょう。日曜で病院も開いてないしね。」とのんきなことを言い、ハトリーと別れて美容院に行った。

シャンプーされながらチクチクチクチク。

カットされながらチクチクチクチク。

家にいた頃より格段に痛みのレベルがあがっている。

はっきり言って冷や汗をかく程にレベルアップ、心の中では痛い痛いぞ、と思いながらも鏡を見ると普通の顔で座っている・・・もしかしてそんなに痛くないのか、私・・・?

1時間半我慢して、家路についた頃には胃のあたりを押さえないと我慢できないくらいにレベルアップ。

母親に電話すると「ウコンを飲みなさい」と言った。

全然似合わないと自分でも思うが、実は私は昔から身体が弱くて、薬草やら漢方やらを飲まされて育った。

今でもほとんど薬を飲まないし飲みたくない。

素直にわかった、ウコンね。と納得し、山田君(仮)のお母さんが持っているはずなので山田君(仮)に「胃が痛いのでお母さんからウコンをもらってきて」とメールした。

でもメールをしたところで痛みが治まるわけでもない。

ひじょーに痛い。

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い・・・∑(`□´;) んがぁぁあっ!!

もうほんっっっとうに痛いっ!

ベッドの上で転げまわるくらい痛い。

泣きそうなくらい痛い、叫ぶくらい痛い痛い痛い痛い痛い。

しかしベッドで転がりながら「痛い痛い痛い」とわめいているだけではなんともならない。

6時半「胃が痛くて泣きそう。後どれくらいで帰る?」と山田君(仮)にメール。

実は山田君(仮)がいるのは限りなく広島に近い岡山。

どうしよう、帰ってくるまで我慢できるだろうか、私。

それともタクシーか何かで病院に行くべき?

でもこの状態の自分が保険証を探して家から出てタクシーをつかまえて病院の受付を・・・できるか?

それに何より今開いてる救急病院ってどこ?

そこに山田君から連絡がきた。

「大丈夫?」

「それが全然大丈夫じゃない・・・無意識にわめいてるくらい痛い・・・」

「今サービスエリア、できるだけ急ぐけど2時間半はかかるよ。我慢できる?」

「我慢するしかないよね」

あまり心休まらない会話をして、時計を見ると7時・・・後2時間半というと9時半、長いな・・・。

もうこの頃には体中汗びっしょり。

ほんとに2時間半耐えられるか・・・?

その後もベッドで転がり続けて、気付いたら9時すぎだった。

途中少しだけ意識がとんでいる、寝たのかな・・・だといいな・・・まさか意識失ったんじゃないよね・・・。

後30分ほどかあ、と思いながらまだゴロゴロ転がっていると山田君(仮)が帰ってきた。

やった!予定より早かったね!

急いで家の前に停めてあった車に乗り込むと、心配したお義母さんも一緒に来てくれている。

「長旅でお疲れのところすみません」

ほんとに泣くほど痛いんだが、一応笑顔で挨拶をし、救急病院に行った。



診察まで1時間待たされたよ。

修学旅行生が集団でインフルエンザにかかってしまっていて、ジャージ姿でベンチでぐったりしている女の子たちやウロウロしている男の子たちが全部で14人。

わー、気の毒に・・・痛いけど待つよ、次でいいよ。

と思っていると口から泡吹いている若い男の人が車椅子で運ばれてきた、この人は急性アルコール中毒。

おいおい自分の適量くらい把握しろよ、やばくなるほど飲むなよ・・・でも命にかかわる事態だ、しょうがない、次でいいよ。

とか思っているうちに1時間たったのだ。



結局、風邪が原因で胃腸炎になってしまっていたらしい。

私は自分が痛みに弱い人間だと思っているので、私にとっては泣きそうに痛くてもたぶん普通の人だったら平気な痛みなんだろう、とか勝手に思っていた。

でも風邪でも菌が胃腸にいってしまったら、やっぱり普通の人でも泣き喚くくらい痛いみたい。

採血をして、点滴を30分くらいしてもらったらかなりマシになった。

「そうかー、胃腸炎だったのか。金曜から胃腸の調子が悪かったんですよね。でも金曜に中華料理食べちゃったし、今日はマクドナルド食べちゃったからな。(胃に)悪いことしたな」

とかへらへら笑いながら話したら、お義母さんに「それはポテトがとどめだったんだよ」と笑われた。



後で母に連絡したら「何で救急車を呼ばないんだ!」と怒られた。

・・・え?私、救急車って命にかかわる状態の人が呼ぶものだと思ってるんだけど・・・これって救急車レベルの事態だったの・・・?



ブログランキング・にほんブログ村へ

【mixiから】職場の飲み会で中華料理に行く、ゴマ団子が食べたい(4月 21日)

05-03,2006

昨日の晩からお腹が変な感じ、だけど今日は職場の飲み会。

朝起きたら治っているだろうと思って、早目に寝たのに何も治ってない、むしろ悪化してる?な状態。

びみょーに吐き気はするし、胃のあたりが変な感じ。

あんまり調子がよくないので朝食を抜いて出勤。

昼食の時間になっても全然よくならない・・・。

しょうがないからお弁当じゃなく、ヨーグルトとゼリーだけにした。

何も食べないのも胃によくないだろうし。

夜は中華だ、朝から何も入れていない胃に中華とお酒じゃあまずいでしょう。



夕方、まだ本調子じゃないなと思いつつも、空腹感はあるのでまあ大丈夫だろうというレベルまではちょっと復活。

祇園の方にある中華料理店に、入ろうとすると「奥のエレベーターから3階へ、小さいので2,3人ずつでお願いします」と言われた・・・ので外を回る。

何故入り口はそこにあるのにエレベーターが店の裏手に???と思いながら二手に分かれてエレベーターに乗る。

これが本当に小さい!

3人でギュウギュウの大きさ・・・ドアの向こうにもう半分あるかと思ったら本当にドアの幅しかなくてビックリしました。



普通にお酒を頼み、お酒が来て、乾杯をし、料理が3,4品来たまではよかった。

なーんかね、来るのが遅いんだよね。

料理はまあいいとしても(といっても予約してあったコースですよ?)、お酒も頼んでから持ってくるまでが遅い。

6品目?くらいのハタハタのから揚げでピッタリ止まってしまった。

そもそもハタハタのから揚げというのは中華料理なんですか?

まあ私が知らんだけで立派な中華料理かもしれませんね。

どーんと一尾丸ごとのから揚げを見て「どうやって食べるんですか?」と聞く私に「頭から全部食べられるのよ、シンク」と言うわりに、みんなで私の食べるのを見守っている・・・「あの?」「大丈夫だったら食べようと思って(笑)」・・・そうですか。

最初に食べた私とタケ先輩(仮)が「びみょーに骨が残る」とブツブツ言うのを聞いてか、残りの方は頭を食べるのはやめていた。



本当に料理が来ない・・・。

「もう終わりかなぁ」とおっしゃる●長。

部屋に来た当初から「天井にカメラがあって部屋の様子を見ているはずだ」と話していたので天井のカメラ(がたぶんあるだろうと思われているところ)に向かって話している。

「いやぁ、ご飯ものが来るでしょう」とみんなで言う。

「チャーハンが来ますよ、チャーハンが」と無責任に言う私。

「え~、今さら山盛りのチャーハンが来ても食べられないよ」

みなさん待ちくたびれてお腹が落ち着いてしまっているのです。

「チャーハンじゃなければチマキが来ますよ」また無責任なことを言う私。

「あー、あるね。それもある」

「そしてデザートに杏仁豆腐が出るんです。私は本当はゴマ団子が好きなんですけどね」

と無責任発言を繰り返しているとようやくスープが出てきた。

「・・・スープ、ここでスープが来るか」

みんな結構げんなりしている。が、まあスープは飲める。



またピタッと料理が来ない・・・。

「終わりなんじゃない?9品くらいのはずだから、そろそろ・・・」

「そうですか?チャーハンと杏仁豆腐が来ますよ、きっと。ゴマ団子がいいんだけどなぁ(゚ー゚*)」

「お土産でくれるんじゃない?(笑)くれたら持って帰る?」

「えー、そりゃもう喜んで」

とみんなで笑っている間も、天井のカメラ(があるであろうと思われているところ)に向かって「料理遅いなあ~。終わりかな~。ほらテーブルに何もないですよ」とアピールし続けている●長。

本当に15分くらい待った。

ようやく通りがかった(というか何故頻繁に通りがからないんだ!?お酒の注文だってできないじゃないか)チャイナ服のおねえさんに終わりですか?と聞くと「今チャーハンを用意しております」と日本人じゃないイントネーションで言う。

そうか、ここでチャーハンか。遅いよ。と言い合う我々。

それからまたしばらく待って、ようやくチャーハンが来た。山盛りの。

●長「・・・みんな若いんだから食べてね」

すぐに焼きうどんが来た。

Σ(- -ノ)ノ エェ!?

何で!?チャーハンにさらにうどん?(しかもこれは中華か?)

こんなに間おいてこんな量出されても食べられないよ・・・。

みんなで多少げんなりしていると、すぐに「デザートです」。

「・・・シンク、杏仁豆腐じゃなかったね」

「・・・そうですね。何ですか、これ?」

たぶん何かを巻いてある、揚げた春巻きの皮、のようなデザート。

私とタケ先輩(仮)以外の方々は、さっさとチャーハンとうどんを見捨てて「あんこじゃないか?」と言いながらデザートへうつった。

「・・・?」

あんこじゃないらしい。

「・・・もち、かな?あんこのようなもち?美味しく、なくはない、かな?」

微妙な反応だ・・・。

甘いものが苦手なタケ先輩(仮)の分は私が食べるので、2コ食べなければならない(残す、という考えはどこにもない)。

「デザート食べますから、タケ先輩(仮)はチャーハンとうどんの残りをお願いしますね」「お、おう」

という取り決めの下(何故残さないのか)、あんこのようなもちの入った微妙な春巻きを食べる。

「・・・・・・」

本当に微妙な味。美味しくなくは、確かにない。本当にそうとしか言えない。

デザートにきてまで揚げ物なのに、しかもゴマ団子でもないのに、こんな微妙な食べ物をわざわざ出さなくても、という味。

変な顔をして首をかしげながら食べている私にみんなが笑っているところへ、チャイナのおねえさんが来た。

「サービスの杏仁豆腐です」

Σ(- -ノ)ノ エェ!?

・・・・・・一同大笑い。

「シンクが杏仁豆腐杏仁豆腐って言うから・・・」

私があんまり杏仁豆腐と言うので、天井のカメラで見ていた店の人がサービスで作ってくれた、ということになった。そんなバカな・・・。



ほんっとに満腹で会計を済ますと「お土産です」と何か手渡された。

「ゴマ団子だ!?(笑)」

とみんなが笑ったが、残念ながら(?)ジャスミンティーでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ