スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

春のしましまカーディガン途中8。配色縞の袖を平で編んだ時、輪で編んだ時。

04-21,2011



春のしましまカーディガン、この間から袖をちょこちょこ編み直していたのですが。



最初の小さすぎた袖ね、袖下の鎖とじが見た目悪いのですね。



































(私の編み目とかが汚いのはスルーですよ)



同じ色のときは気にならない見え方なんですが、やはり多色しましまなので、他の色のところはなーんか気になるんですよ。



切らずに引き上げている配色の糸もところどころ見えているし。



何でもかんでも本を読んでわかったつもりのやり方でしているので、私のやり方が間違っているだけなのかもしれないですけど。



で、1本編み直してから、やっぱり次のは輪で編んでみようかな?と。



袖って筒状になるから最初から輪でもいいと思うんだけど、それをわざわざ平で編むようになっているというのは、輪で編むより平の方が適しているとプロの方が判断した理由が何かあるんですよね?



それで、素人ではわからないちゃんとした理由があるんだろう、と思って素直に平で編んでたんですけど。



どうも、鎖とじの見え具合が気になってきて。



試しに1本編んでみようか?袖だからそんなに大変じゃないし。



って気持ちになったので2本目の袖は輪で編み直してみました。



今までなら、面倒だしそのままいっちゃえーってなるところなんですけど。



このカーディガンはもうバンバン編み直しているから、編み直すことのハードルがめちゃくちゃ低くなってるんですね。



とか言ってるけど、あまりにもずっと編んでるから途中でイラっとして「もう袖なしでベストにしてくれようか!∑( ̄皿 ̄;; ムッキー!!」ってなる私も2回ほど出現したの、ほんとは・・・。



その私はどうにか捕獲して檻にいれといたけど・・・。



で、輪であんだのがこれ。



































引き抜き編みで繋げて、往復編みで編みました(そのまま輪で編むと編地が身頃と変わってしまうので)。



引き抜き編みの具合は今ひとつですけど(でもそれは私の腕の問題もあると思うのでおいといて)、こっちの方が目立たないと思いません?



引き上げている配色の糸も見えませんよね。



比べるとこんな感じ。



























左が平で編んだ物、右が輪で編んだ物。



結果。私には輪で編んだ方がよいと思えたので、平で編んだ物をほどいて、輪で編むことにしました。



どうも、色々自分勝手に変更して、素人考えでこんなことしてて服としては大丈夫なのか?



という不安があるんだけど。



でも三國さんがミトンを編んでたときに「編みものにはひとつも決まりはないですよ。」っておっしゃってたし!







って必要な袖は2本なのに、もう5本も編んでるのデスヨ、ワタクシ(爆)



↓↓↓クリックしてあげると喜びます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

にほんブログ

関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。