スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

【本】雪平夏見シリーズ3「殺してもいい命」。今回の栞は偶然?

07-11,2011



秦建日子さんの「殺してもいい命」を読んでしまいまして。



わー!!やめて!このシーンで終わらないでー!!



デス。



「刑事 雪平夏見」シリーズの三作目で最新刊。



シリーズ一作目の「推理小説」が、篠原涼子さん主演のドラマ「アンフェア」の原作ですね。



私ドラマは1話も見なかったのですがね。



どこかで「推理小説」の作中で出てくる栞が、本当に「推理小説」に挟まっていると知って。



んーと。意味わかんないですか?



「推理小説」の話で、殺人事件の現場に「アンフェアなのは、誰か」って栞が出てくるんです。



で、文庫本って、買うと中に出版社の栞が入ってますよね?



この「推理小説」の文庫本に挟まっている栞は「アンフェアなのは、誰か」って書いてある栞なんです(単行本のことは存じません)。



私こういう凝った遊び(?)大好き~(笑)



で、その情報を知ってすぐ買いました。



話も面白かったです。



実家に行ってて手元にないので細かいことは書けませんが(相変わらず色々覚えてない・爆)。



本格物とかでもないし、推理小説としても良かったとかの記憶ないなー?って感じですが、普通に読み物として読めばよろしいですよ。



私は全部のミステリー小説が本格推理小説じゃなくても構わない派なので(^_^)



全部が全部ロジックこねくり回してたり、大掛かりなトリックやらしてたら読んでて疲れちゃうもん。



私は本格物はもちろん大好きだけど、日常の謎も大好きだし、コージーミステリーも大好き。



ヒロインは不細工より美人がいいに決まってるし。



二作目が「アンフェアな月」で、三作目が今日読んだ「殺してもいい命」。



冒頭部分から「え、この人殺しちゃうの・・・」(これくらいならネタバレじゃないよね?)。



読み終わっても「何で?あれは?」と謎がいくつか残っておりますよ?



次で説明があるんですか?



どうしよう、文庫本になるまで待てるかな・・・。







今回「フクロウ」が出てくるのですが、河出文庫のキャラクターが梟なので、この文庫本の栞も梟の絵柄・・・。



えーっと、これはただの偶然です・・・ね?



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村

関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

本のレビュー、上手ですね!ミステリー好きの血が騒ぐ。そう、好きなシリーズは永遠に!と思うよね。私は建築探偵シリーズが今年終わってやや放心状態に。軽いモノから本格迄何でも読みます。これ、探して来ます!
そう、遊び心も欲しいよね。
2011/07/11(月) 08:40:10 |URL|つつじ #79D/WHSg [EDIT]
そ、そうですか?('-'*)エヘ
思いますねー、永遠に続いていて欲しいですね。
読んじゃうと終わっちゃうと思うと読みたくないけど、話の続きは読みたい、ジレンマですね。
2011/07/11(月) 14:30:13 |URL|シンク #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。