葉っぱのベレー帽完成。独学の沖縄での編み流れとダメ主婦が家事好きの子供の育て方を考えてみたり

01-05,2011

編んだ後にスチームをかけるってことを、今まで知らずにおりまして。

去年編み物を本格的に(?)始めてから、色々なブログにお邪魔して勉強しました。

本格的っていうのは、今までは好きだけど寒いときだけ編むとか気が向いたときだけ編むって感じだったのが、時間が許す限り編むって感じになったってこと。

決して習い始めたということではありません。

子供の頃に母の編み棒と毛糸をこっそり拝借して、母に怒られないように隠れてコソコソ編んだのがスタートなので、最初から最後まで独学で間違いだらけだろうなと思われます。

母は最初は編み方をちょこっと教えてくれたりしたのだけど、編み物ばかりする娘たちに怒り、編み物禁止令まで発令・・・。

部屋に引きこもってこっそり本を読んだり編み物をしたりする、と部屋の外からすぐ「何してるの!?」。

私と妹はブーブー文句を言いながら部屋から出てお手伝いをする。

うちの母にとっては勉強よりも手伝いが最重要項目でした。

という子ども時代を送ったのに、私は家事が全然上手くない。うえに好きじゃない。

そりゃもう主婦としてダメダメなレベルです。

やはり嫌がるのを無理矢理させられていたからではなかろうか?

と思うので、月ちゃん(仮)にお手伝いをしてもらう時はそこのところ肝に銘じなければと思う今日この頃。





・・・だいぶ話が逸れてきたヨ(^_^; … こうやってダラダラ書いちゃうんだよね。

そもそも沖縄で編み物を楽しもうということに無理があるの。

だって寒い日が少ないんだもん。

だいたい、寒くなってくる→編み物がしたいなぁという気分になる→編み始める→出来上がる→使用、とこういう流れがしたいでしょ?

でも現実は、なかなか寒くならない→まあ(暦上は)冬だし編み物がしたいなぁ→編み始める→暑くなる→編みかけで放置、こんな感じ(爆)

しかもマフラーやら手袋やら帽子など沖縄では使わない、から編んでも編んだだけ。

(最近はファッションで着用するみたいですね。マフラーも帽子もダウンジャケットもブーツも・・・さすが手袋はしないだろうよね?)。

京都に来てからは編んだものが使用できるってことがとても楽しかった。

彼氏に編んだりとかも憧れでしたが(^_^)

山田君(仮)にもセーターを1枚、マフラーを3本、手袋1つ編みましたが、活躍していたのは手袋だけだった。

彼は寒さに強いらしく毛糸物をあまり使わないんだよね・・・。

去年も一昨年もマフラーと帽子を使わずに冬を越したんだよ、山田君(仮)は。

すごくない?

年末の大雪の日も年始も帽子&マフラー&手袋なしで過ごしてました。

あ、雪だるま作る時だけは手袋してた。マフラーと帽子はしてなかった。





同じような文を書くのが億劫だったので、mixiの過去の日記からだいたい持ってきました(ぉぃ)。

というわけで(?)、葉っぱのベレー帽。



勉強した通り、お皿を入れてスチームあててみました。

どんだけ目がキレイになるかなと(。'-')。ワクワクしてたんだけど。

私のアイロンは10数年選手のちゃっちいアイロンなので、あんまり違いがわからなかった。

まあ初めてだから私が下手だっただけかも。

長くなったから細かいデータや着画は次にします。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
↑↑↑

えへへー。置いてみました。

気が向いたらクリックしてやってください。

面倒でしたらこちらはどうでしょ?↓↓↓
関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK