スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

十五夜のイベント、「シーシャガウガウ」「ふきゃぎ」。ドラゴンフルーツの花。

09-13,2011

昨日は十五夜。

宮古島では十五夜に五穀豊穣と無病息災を祈願するので、各地区でイベント盛りだくさんです。

近所では家の隣で毎年盆踊りですが、昨日は残念ながら1日雨だったのでどこかのお宅で何かをやったそう(全然知らない(;^_^A アセアセ・・・)。

この盆踊りはちゃんと高い櫓を組んで、食べ物(やきそばとかわたあめとか)のテントもあった。

この櫓を組むのも食べ物のテントも全部近所の大人がやる。

今思うと近所のイベントのわりにはやたら本格的だ・・・。

でも、子どもたちにとって十五夜の一番のイベントは「シーシャガウガウ」(表記違うかもしれませんが)。

自分たちで段ボールとか木材とか布とか色々な材料を使って獅子舞の獅子(方言でシーシャと言う)を作ります。

その手作りのシーシャでお店や家を廻って踊って厄払いをします。

踊ると言っても普通の子ども(小・中学生)なので本格的なものではなく、とにかく上手くシーシャを動かして歯をカチンカチンと打ち鳴らす。

ご褒美にシーシャの口の中にお金を入れてもらう。

数百円入れてもらったら十分ですが、飲み屋街に行くと酔っ払ったおじさんたちが気前よく紙幣を入れてくれることもたまにあるらしいです。

私は飲み屋周辺に行ったことはないので聞いた話です。

子どもにとってはお小遣いは増えるし、友達と堂々と夜遊びができる楽しいイベント。

宮古は飲み屋街でも都会の繁華街のように危なくないので・・・と言ってもそれは私の子どもの頃の話、今はどういう状況かわかりませんが。

ただ知らない家やお店に飛び込んで踊る度胸が必要だし。

それに宮古のおじさんたちは子どもにも容赦ないので(爆)シーシャの作りが悪かったり、踊りが適当だったりすると「何かそのシーシャは」とか「もっと上手に踊らんか」とヤジられる・・・。

結構心が強くないと楽しめないイベントですね(;^_^A アセアセ・・・

私は1回だけ行ったような行かなかったような、あんまり記憶がない(苦笑)

たいていは家にやって来る知らないシーシャや友達のシーシャで楽しみました。

だいたい中学生くらいになると恥ずかしさが勝ってくるから、小学生が中心かな?

家を訪問するので9~10時には解散でしょう。飲み屋街で粘る子たちもいるかもしれないけど、飲み屋でもあんまり遅くに子どもが来たら「こんな遅くまで何やってるかー」と追い出すだろうと。

十五夜のお団子も、ちょっと違う。



「ふきゃぎ」という名前のお餅。

もち米とうるち米でできた餅でまわりにゆで小豆がくっついている。

これは池間島方面の「ふきゃぎ」で、昨日30数年生きてきて初めて見た(爆)平良市の方の「ふきゃぎ」は餅が平たくて豆が茶色でした。

この餅、なーんにも味がないの(爆々)。

ので、ただゆでただけの小豆があまり好きじゃなかった小さい頃は、豆をひょいひょいっとよけて砂糖につけて食べていました。



全然関係ないですけど。

先日咲いていたドラゴンフルーツの花。



さすが同じサボテンの仲間だから、月下美人の花に似ている。

大きいですよね。

夜(か朝早く)だけ咲きます。



母の「Beaded Cami」は進まず、小さい物をちょっと編みました。

できたらまた明日~。

クリックしていただけると嬉しいです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


 
関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

綺麗ですね珍しい!

最近月が綺麗だよね空が明るいです。

忙しい中せっせと編み続けているんだねー!素晴らしい(笑)!
2011/09/14(水) 12:24:57 |URL|らっか星人 #79D/WHSg [EDIT]
実に比べてずいぶん大きな花(手より大きいもんね?)だなあと思った。
今思い返してみたら、香りがなかったような。
月下美人はすごくいい香りなのに。

さすが中秋の名月って感じですね。

いえ、つい漫画を読んだりして全然進みませぬ(;^_^A アセアセ・・・
2011/09/15(木) 00:53:43 |URL|シンク #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。