【mixiから】トイレが使えない日々(3月9日)

03-18,2006

年末に仕事場のトイレが壊れたことを書いてなかったね。

恐ろしい目に遭いましたよ・・・。

あれは12月の半ばでした。

最近調子悪いですね、と話していたトイレが、ついに使えなくなったと水曜の朝聞いた。

結構トイレの近いおばあさんのような私には死活問題。

「行きたくなったらコンビニに借りに行ってね」などと普通に言う上司・・・仕事中に何回コンビニにダッシュしろと?コンビニが隣りにあるわけでもないんだよ。

しかも、すぐに直してくれたらいいのに、上司は平気な顔で「平日に業者にウロウロされたら邪魔だよね?土日に来てくれるように頼んだから」などと言う・・・。

ぉぃぉぃ・・・。

あなたはトイレに行かないんですか?そんな邪魔くささなんてトイレに行けない不便よりマシでは?

「あ、水は流せるらしいから。小用はできるよ。ペーパーは流せないけど」

・・・ペーパーを流せないのに小用ができる?>女性諸君

こんな奇妙なことを言う上司はれっきとした女性。ペーパーはゴミ箱にいれたら?ということらしい。

嫌です。

しょうがないから、水分を全くとらないようにして、朝家でトイレに行ってきて、お昼を買いに行く時にコンビニで借りて、帰りに最寄りの百貨店でトイレに行くという生活を送ることに・・・なんて身体に悪い生活なんだ・・・。



そして待ちに待った業者の来たらしい週末、の次の月曜日。

直ったよねっ!と思い仕事場につくと、通路の何かの蓋の上に「踏むな」の張り紙がある・・・ヤな感じ・・・。

案の定、トイレは直ってなかった。

直すのにちょっと時間がかかるので、見てもらっただけになったらしい。

え!?もしかして次の土日までこのままですか!?

ひえー!と思った私に上司はもっとひどいことを言う。

「年末だから次の土日は無理だって、来年まで我慢してね」

・・・・・・。

・・・来年?本気で?あと何日仕事があると思ってるのあなた様は?

今日は19日、仕事は30日まである。

しかもっ!来年の4日にいきなり直ってるわけでもないんですよね!?

物申ぉぉぉすっ!!わけにもいかないので、もう引きつった苦笑いで受け止める私。

つらい日々が続き、結局トイレが直ったのは1月も半分過ぎた頃・・・。



こんなことがありました。

さて、何故いきなり前のことを持ち出したかというと。

朝、ごく普通にトイレに入った私。

「流れる水の量が平均より少なくて詰まりやすいらしい」という注意を受けたので、いつでも水は大で流すようになっていました。

水がゴーッと流れているその真っ最中、制服のポケットに入れていた小さなハンドタオルが、ポロッ・・・。


あ゛ーーーーーーーーー!!


そのまま勢いよく流れている中へ・・・・・・。

もしかしたら流れずに残っているかもしれないっ!と期待を込めて待っていましたが・・・・・・残っていなかった。


どどどどどうしよう!


あの悪夢の日々が再び!?しかも今度は私のせいで!?

パニックになりそうだったが、これはきっと早めに正直に言った方がいいに違いない。

上司にやってしまったことを告げると「まだ流れてないかもしれないから見てみる」と言って奥に引っ込んだ。

うひゃー、えらいことをしてしまった!

実は「踏むな」の張り紙があった蓋、あれを開けると下水に繋がっているらしい。通常は建物の外に出るはずのパイプが建物の中を通っていて、あの蓋はマンホールと同じなんだそうです。



1時間からそこらゴソゴソされて、無事にハンドタオルを見つけてもらいました。

いやはや m(。_。;))m ペコペコ…

「か、肩でもお揉みいたしましょうか?」

「あはは。捨てちゃったけど、使うならビニールに入ってるよ(笑)」

・・・ははは・・・使いません。
関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK