何で針とか糸の太さが違うのにゲージが同じになったりするの?

04-04,2011

「ウタゲ-3」のボレロカーディガンは棒針編みゾーンに入ってから遅々として進まず。

いったい何をしているのかというと。

次のCrochet ウェアのためにあんなに買い込んだ「ハマナカシークインコットンシルク」を手に、迷走しているところなんです(爆)

いや、そんなことしてないでさっさとボレロカーディガン仕上げようよ。

って感じなんですけど、心の中からも声がするんですけど。

「よーし!糸が来たらボレロカーディガンを完成させてあのウェアを編むぞ!」ってやる気満々だったので、拍子抜けというか出鼻くじかれたっていうかやる気を削がれたっていうかむにゃむにゃ。

いくら編みたいっていっても。

この銀色の糸で編んだかぎ針編みの上着なんか着たら巣鴨のマダムの仲間入り~な気が・・・かなりする。

頑張って編んでも着れなかったら全然意味ない、どころか糸の無駄。

ソファーカバーにでもした方がよっぽど役に立ってる。

・・・。

じゃ、じゃあ考えてた上着じゃないけど、これもいいなーって思ってたスカートならどうだろう?

って思って金曜に英語と格闘してた(糸届いたんだからボレロカーディガン編めよ!)

スワッチ編んでみた。



左から8号、7号、6号で細編み。

どこから変えたかは忘れました(;^_^A アセアセ・・・

いつもならすぐ飽きるスワッチを、こんな1玉なくなりそうなくらい延々と編んだのは、山田君(仮)が借りて来た「ガンダム」のDVDを見ながらだったからです。

気付いたら毛糸玉の中の厚紙が見えててびっくりした。



あのー、この糸ですね。

ラベルには、ゲージは20~21×29~30って書いてあるの。

っていうことは、糸の太さはだいたい並太で「worsted」ですよね?

持ってる糸達の適用かぎ針の号数見ると、並太だとだいたい5~7号なのですね。

でもこのコットンシルクは「かぎ針は4、5号ね」って書いてある。

無知な私はずーっと不思議なのですが。

これってどうやって決めているのですか?

何で同じ太さで適する針の号数が違うの?

何で中細糸を3~5号で編んだメリヤス編みと合太糸を6~8号で編んだメリヤス編みがだいたい同じ22~23×28~30なの!?

そんなことありうるの????????(・_・;???????

どういう仕組みですか!?



つまり、私は「Worsted」の糸を求めて「シークインコットンシルク」を買ったの。

まあ「DK」でもいいよ、サイズ大きくして編めばいいだけだからね。って思って。

でも、「Worsted」の糸で編んでいるスカートのパターンは「8号で編んでね」って言うんですよ。

この「適用かぎ針は4,5号ですよ」の糸で8号で編んだらゆるすぎてパンツ見えちゃう・・・。

セクシースカート?

でも写真では全然パンツ見えてないし・・・。



で、こりゃ私が糸の太さについてわかってないだけなんだ、きっと。

と考えることにして、他にもパターンを探して迷走しているのです。

他に銀色の糸でもOKな気に行ったパターンがあれば、候補だったウェアとスカートが諦められるから・・・。

糸の太さは「Sport」でね!

・・・ゲージって適当に書いてるとか?(そんなことあるわけない)



よかったら↓↓↓クリックお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

にほんブログ村
関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK